無精ヒゲを解消する!濃いヒゲを薄くする方法や無くす方法で解決!


現在の女性は男性のヒゲを好ましく思わない人が多いですね!男性のヒゲは「不衛生」と言うイメージを与えてしまうようです。
特にヒゲが生えっぱなしになっているような「無精ヒゲ」と呼ばれるヒゲはとても清潔感がないイメージがあります。

 

 

 

欧米人のように、白色の顔色には合う人もいますが、日本人の黄色系の顔色でヒゲは汚いイメージが先行してしまうようです。
無精ヒゲは敢えて、無精ヒゲにしたくて、ヒゲを生やしている人もいますが、毎日、毎日完璧に剃るのが面倒で、いつの間にか無精ヒゲになってしまう人がいます。

 

 

 

そのような無精ヒゲにすぐになってしまう人は元々ヒゲが濃い人です。
ある程度剃らなくても、又は全く剃らなくても無精ひげにならないようにするには毛根を弱らせる本格的なヒゲ脱毛をする事にあります。

 

 

チェック!2つの本格ヒゲ脱毛法
本格家庭用脱毛器 本格的な光(フラッシュ)が出来る家庭用脱毛器を使用してのヒゲ脱毛
メンズサロン・メンズクリニック 本格脱毛をプロに任せて施術してもらう男性専用の脱毛クリニックや脱毛サロン

 

 

 

 

 

ヒゲ脱毛をする事でヒゲが薄く目立たなくなる!


ヒゲ脱毛とは、市販で出来るような脱毛商品で実施するのではなくて、毛根から毛を弱らせる光(フラッシュ)脱毛やレーザー脱毛と呼ばれる本格的な脱毛をヒゲに実施する事です。

 

 

 

毛根自体に毛根を弱らせる光を当たる事によって、次に生えてくるヒゲが薄くなります。
回数を増やせば増やすほどヒゲは薄くなり、やがて、その箇所のヒゲは生えてこなくなります。

 

 

 

個人の理想によって、ヒゲを薄くするだけで良いのか、部分的なヒゲの部分を完全に無くしてしまいたいのかは違うので、施術する顔の場所は人によって違ってきますね!

 

 

無精ひげになりたくてなっている訳じゃなくて、ヒゲが濃すぎるので無精ひげになっている人には最も確実な無精ひげ対策です。
剃ってもすぐに青ヒゲの状態の人はとても濃いヒゲの質であり、毎日の手入れを1日でも欠かしてしまうと無精ひげになってしまう人です。

 

 

 

そんな人は無精ひげにならないように、ヒゲの毛質自体を変えてしまいましょう。毎日毎日のヒゲ剃りともさよなら出来るし、顔に清潔感が出るでしょう!

 

 

 

 

 

ヒゲ脱毛する場合はヒゲを薄くしたり無くしたい場所を決めるべし!


ヒゲ脱毛をする場合には、自宅でも本格家庭用脱毛器を使用して出来るし、男性用のメンズエステサロンやメンズクリニックでも出来ます。
自宅で実施するにしても、エステサロンや脱毛クリニックなどで実施するにしても、事前に薄くしたいヒゲの場所や無くしたいヒゲの場所などの箇所を把握する必要があります。

 

 

 

全体的にヒゲを薄くしたい場合はその限りではありませんが、部分的に薄くしたり、ヒゲ自体を無くしたりしたい場合はヒゲの部分のなんと言われる部分なのかを把握しましょう!以下簡単なヒゲ部分の名称です。

 

 

 

確認!顔ヒゲの6つの名称
口ヒゲ 鼻の下のヒゲ。上唇の上の部分のヒゲ
顎(あご)ヒゲ 顎の部分に生えるヒゲ
頬(ほお)ヒゲ 頬に生えるヒゲ。もみ上げとの線引きが難しい箇所
ラウンドヒゲ 口の周りを囲むように生えるヒゲ
フルフェイス 顔の大部分を覆うタイプのヒゲ。日本人にはあまり多くない。

チェック!具体的なヒゲ脱毛・無精ヒゲ脱却は2種類ある!


無精ひげにすぐになってしまう人はヒゲ自体を薄くしたり、必要箇所を無くしてしまう事で無精ヒゲ対策が出来ます。
無精ヒゲ対策である、光(フラッシュ)脱毛やレーザー脱毛を実施する方法としては大きく2つの方法があります。

 

 

それは「@自宅で実施する家庭用脱毛器を使ったヒゲ脱毛」とメンズエステやメンズクリニックなどで実施する「Aエステやサロンに通って実施するヒゲ脱毛」です。

 

 

自宅で出来る本格家庭用脱毛器は人知れずヒゲ対策が出来るメリットや価格についてのメリットがありますが、プロが実施するのではなく自分で実施するので安心感やアフターサービスなどはありませんね!

 

 

逆に、男性用エステサロンや男性用脱毛クリニックなどでは、費用が高く、通う手間などのデメリットがありますが、プロが脱毛施術してくれるので安心感がありますね!

 

 

 

どちらを選ぶかはヒゲ脱毛をしたい人の環境や志向によるでしょう!

 

 

 

 

@自宅でこっそりと家庭用脱毛器を使ってヒゲ脱毛したい場合!


自宅にて、こっそりと無精ひげ対策としてのヒゲ脱毛をしたい場合には本格的な光(フラッシュ)脱毛やレーザー脱毛が出来る家庭用脱毛器を使用する事が条件です。

 

 

家庭用脱毛器を使用した事がある人が家族や友人にいる場合は施術を任せても良いでしょうが、そうではない場合は1人で施術をする必要があります。

 

 

しかし、費用的にも安く、通う手間も無い為に、時間が無いサラリーマンの人にはお勧めですね!
さらに、サロンやクリニックなどに通う必要がないので、第三者に無精ひげ対策やヒゲ脱毛施術をする事を知られる事もありませんね!

 

男性がヒゲ脱毛でよく使用している本格家庭用脱毛器抜粋

男性のヒゲ脱毛でよく使用されている家庭用脱毛器の抜粋です。参考にしてください。

本格家庭用脱毛器「ケノン」

 

 

 

 

A男性専門のエステやサロンに通ってプロの手でヒゲ脱毛してもらいたい場合!


自宅にて本格家庭用脱毛器を使用しての脱毛には不安がある場合には、プロの手に任せるのがベストです。
男性専用のエステサロンや美容系クリニックではヒゲ脱毛を実施している店舗が多いです。

 

 

 

全体的な脱毛ではなくて、ヒゲ脱毛専用のコースもあるくらい人気があるので店舗を選ぶ時は施術数や実績などを考慮して店舗を決めると良いでしょう。

 

 

 

脱毛は家庭用脱毛器とは違い、費用はやや高額になりやすいですが、ヒゲ脱毛のみに特化すれば、それほど高額でもありません。
実施するクリニックやサロンなどにまずは費用とコースの確認をしてみましょう!

 

 

ヒゲ脱毛の実績が多いサロン・クリニック抜粋

ヒゲ脱毛の実績が多く、口コミも良好なサロン・クリニックの抜粋です。参考にしてください。

ゴリラ脱毛

 

 

 

 

TOPへ